二十四節気「清明せいめい」

 

 二十四節期は太陽の動きに合わせて一年を24等分にし、その季節のを天候や自然、生きものの様子で表したものです。
「清明(せいめい)」は「清浄明潔」の略で “万物がけがれなく清らかで生き生きしている” という意味があります。

花が咲き、鮮やかな緑の若葉が輝き、種から芽吹いたばかりの双葉が次々に顔を出し、青く澄んだ空に光が輝き清々しい風がそよぐ。

こういう光や色やうごめく命を見ていると、4月ほど「始まり」にふさわしい季節はないんじゃないかと思えてきます。