ものづくりへの想い

れること

Touch to config

地球が生み出したONE OF A KIND “唯一無二”な宝石の中からデザイナーがひとつひとつ手にして、hitsukiが求める“心の琴線に触れる一粒”との出逢いを探す。
地球の軌跡がカタチになった宝石や、自然の恵みが積み重ねる光の層を纏った一粒の真珠は不完全さも魅力のひとつとなる。

じること

Feel and impress

唯一無二な“心の琴線に触れる一粒”と対峙した時に感じる想いだけでなく、日々暮らしの中で感じる歓び、香り、音、言葉、そして記憶。それらを手掛かりに光を求めるようにデザインと向き合う。
ジュエリーは肌着のように、一番近くで肌に触れるものだから身につける方に心地よさを感じてもらえるようにと常に願っている。

じること

Feel and impress

唯一無二な“心の琴線に触れる一粒”と対峙した時に感じる想いだけでなく、日々暮らしの中で感じる歓び、香り、音、言葉、そして記憶。それらを手掛かりに光を求めるようにデザインと向き合う。
ジュエリーは肌着のように、一番近くで肌に触れるものだから身につける方に心地よさを感じてもらえるようにと常に願っている。

み出すこと

nurtures the true value

hitsukiが生み出すジュエリーで大切にしていること、それは凛とした透明感と、品格。
ジュエリーそのものが発光するかのような、身につける方の内なる光と呼応するような存在を思い描いてデザインをする。二次元の世界のデザイン画から、三次元のカタチになり、身につけ時を共に重ねることを考えて生み出されていく。

ジュエリーは時代を感じ取り、美しさや想いをデザインとして紡がれた身に纏う彫刻。その大切なたったひとつのジュエリーは纏う方のためにひとつひとつ丁寧に仕立てられる。
唯一無二の「MY ART PIECE JEWELRY」